親身になって患者に寄り添う歯医者│歯〜もう悩まない

義歯の一種

歯の治療器具

インプラントとは顎骨に金属を埋め込むタイプの義歯で、噛み合わせの不具合が少ないことや見た目の美しさが評判となり、近年注目を集める歯科治療法のひとつです。骨に埋め込むチタン製の金属が骨と結着するため、安定感があるというメリットのうらで、その手術に対する不安を抱える方も少なくはありません。 インプラントの手術では、歯肉を切開して金属を埋め込みます。切開そのものは麻酔をかけて行いますが、術後に腫れや痛みがでることがあります。骨と金属が結着する期間を経て、再度切開し金属部分に義歯を取り付けるのですが、一部を露出させるだけですので、この際は痛みや腫れもほとんどないといわれています。 とはいえ、はじめての手術という方は特に不安が大きいことでしょう。医師に正直に伝えることでできるだけ不安を取り除くよう対応してくれます。また、中には麻酔科医の管理の下静脈内鎮静法を用いるクリニックもあります。不安が強い方は麻酔の方法も相談してみるとよいでしょう。

インプラントの術式は金属を埋め込む際と、骨と結着した後に義歯を取り付ける際の計二回切開する二回法と呼ばれる方法が主流でした。先述した内容はこの二回法ですが、これは二度切開するため患者の負担が大きいと考える医師もいます。そこで、金属を埋め込む際に仮歯を取り付け、骨との結着期間も通常通り生活できるようにする術式が近年増えています。この術式は一回法と呼ばれ、切開が一度で済むため特に痛みに恐怖を覚える方には適しているかもしれません。 また、インプラント手術の最新機器では、より細かい器具を使用することで体への負担や痛みを軽減できる医療機器も登場しています。術式や機器はクリニックや医師の方針、また口腔内の状況によっても採用可能かどうかはわかれますが、どのような場合でも精神的負担を軽減することは大切です。

このエントリーをはてなブックマークに追加